ホーム>社員紹介>高橋功一

高橋 功一

KOUICHI TAKAHASHI
生産技術第一課
2007年入社

仕事内容(ミッション)


2007年4月に定期入社し、製造ラインでの現場実習を経験したのち、現在の生産技術課に配属されました。

大分キヤノンマテリアルはキヤノングループ内においても自動機のモデル工場と位置づけられており、私の部門はカートリッジ自動機ラインの導入から保守まで、生産設備に関わる仕事をしています。

日々の業務としては、新規技術の確立や、装置トラブルの対策・改善、良品量産条件の確立など、停まらない自動機を目指した活動を行っています。

仕事の面白さ・やりがい


装置の調整や改造、設計など、機械装置に触れる機会が多いので、ものづくりが好きな人には面白い仕事だと思います。

また、基本的にはチームで業務を進めるため、自分ひとりの技術力では解決できない課題をチームメンバーのスキルを集結して成果を出せたときにはやりがいを感じます。